Menu
  • En-Ja
未来の広告メディア― デジタル技術が拓く屋外広告の可能性

技術の進歩は、さまざまな産業に大きな影響を与えます。
「広告」という分野においても、進化した技術を導入することにより、さまざまな変化と進歩をもたらすのです。
そこで今回は、技術の進歩により発展する広告手法について解説します。

進化した屋外広告「デジタルサイネージ」とは

「デジタルサイネージ」とは、デジタル技術を用いた屋外広告のことを指します。
デジタルサイネージはディスプレイに静止画を掲載できるだけでなく、動画や音声を表示することも可能です。
こうした表現方法は、静止画だけで表現するよりも動画や音声のように動きと音を同時に表現することにより、見ている人に対してより多くの情報を伝えることができます。
広告というものは基本的に表示している内容、たとえば社名やサービス名を周知することが目的であるため、より多くの情報を掲載できたほうが具体的な情報を視聴者に与えることができ、広告効果を高めることが可能です。
また、ただ風景の一部に溶け込んでしまうのではなく、一種のメディアとしての魅力を発信できるため、見た人に対してより多くの刺激を与えることができ、印象深く記憶に残すことができるでしょう。
「電気を使う必要がある」という点はデメリットに感じるかもしれませんが、従来の看板広告と比較するとより高い広告効果を発揮できる可能性が高いことを考えると、ビジネスを考慮するうえで利用価値の高い広告として利用できるのではないでしょうか。

デジタルサイネージのメリット

デジタルサイネージは、デジタル技術であるがゆえに費用もそれなりにかかります。
では、デジタルサイネージ広告を利用することには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

高い視認性がある

1つ目のメリットは、視認性が高いことにあります。
デジタルサイネージは、動きと音声があることによって人々の注目を集めやすい広告です。
広告というものは、どれだけ多くの人に注目されるかどうかが鍵を握ります。
宣伝したい内容がどれだけ多くの人に注目され、その記憶に残るかが宣伝効果として現れますので、注目されなければ広告としての意味は現れません。
デジタルサイネージは動きと音声を用いた広告手法であるため、人々の注目を集めやすくなります。
宣伝したい内容を多くの人に注目してもらい、その内容を記憶にとどめてもらうことができるため、費用対効果の高い宣伝媒体として利用することができるのです。

表示を更新しやすい

2つ目のメリットは、広告として表示する内容を更新しやすいという点にあります。
通常、広告の内容を変更したい場合、表示する画像を人の手によって変更しなければならず、これには相応の手間がかかるのです。
人件費がかかることはもちろん、内容を更新できるまでに時間がかかります。
しかし、デジタルサイネージであれば、こうしたデメリットは解消されるのです。
デジタルサイネージであれば、パソコン等を操作することで簡単に広告の内容を変更することができ、人件費と手間、時間をかけることなく広告の内容を新しい内容に更新することができます。
広告の内容をすぐに変更しなければならない事情というものは、あまり考えにくいものではありますが、すぐにでも変更したい事情がある場合にはデジタルサイネージは大きなメリットがある広告手法であると言えるでしょう。

特定の期間に合わせた表示が可能

3つ目のメリットは、特定の期間に合わせた広告の表示ができるという点にあります。
前述のとおり、デジタルサイネージはパソコン等の捜査によって広告の内容をすぐに更新・変更することが可能です。
この特性を生かすことにより、担当者の操作によって広告表示の内容を任意のタイミングで変更することができます。
広告というものは、ターゲットに対して視認されることが重要なポイントです。
たとえば、学生に見てほしい広告の場合、学生が出歩いているタイミングでないと視認されることはありません。
ということは、登校時および下校時でなければ、広告を見てもらうことはできないのです。
このように、広告は効果的なタイミングとそうでないタイミングが明確な場合もあり、効果的なタイミングで限定的に表示されることにより、費用を抑えつつ広告効果を最大化できるという、費用対効果の高い広告表示を実現できるのです。

インタラクティブな情報発信が可能

4つ目のメリットとしては、インタラクティブな情報発信ができるという点にあります。
従来の広告といえば、要するに「看板」というわけです。
画像や文字情報を表示できるだけであり、風景に溶け込んでしまうと見ている人の記憶に残りにくい広告となってしまうでしょう。
広告というものは人々の記憶に残り、意識してもらうことが何よりも重要です。
せっかく広告を出しても、人々の記憶に残らないものであれば、費用を出してまで広告を出すことには何の意味ももたらしません。
デジタルサイネージは従来の広告手法とは異なり、動画や音声で通行人にアピールすることができる広告手法であるため、より多くの情報を伝えられるだけでなく、従来の広告とは異なる印象を通行人に与えることができます。

今後の屋外広告の展望