Menu
  • En-Ja
アートとしての広告 ― 屋外広告の芸術性と文化的価値

屋外広告はさまざまな人の目に触れるため、宣伝効果が高いです。
そんな屋外広告ですが、この記事をご覧になっている方の中には「あの広告は目を惹くな」というような、アーティスティックな広告を目にしたことがある方もおられるでしょう。
そこで今回は、屋外広告のアートとしての価値観について解説します。

目次

☑ 1.屋外広告の基本
☑ 2.屋外広告が「アート」として認識される意義
☑ 3.アートとして視認される屋外広告のメリット
3-1.広告の目的を明確にする
3-2.注目を集めるようなデザインにする
3-3.訴求したい内容をわかりやすくデザインする
3-4.情報拡散してもらえるような広告にする
☑ 4.まとめ

1.屋外広告の基本

「屋外広告」とは、文字通り屋外に掲載されている広告です。
人の身長くらいの高さに掲載される広告もあれば、ビルの屋上などの高い位置に掲載される屋外広告もあります。
屋外広告は、その街を通る通行人の多くに視認される広告です。
インターネット上で掲載される広告は、指向性をもって広告を表示します。
一方で屋外広告は、そうした視認性を基本的に持ち合わせていませんので、原則としては不特定多数の通行人にその広告を見てもらうことになるのです。
そのため、広く多数の人に広告する内容を認知してもらう方法として、古くから利用されています。
屋外広告は「屋外広告物法」という、昭和から制定されている法律によって規制されているほど厳しい規制によって定められているほどの内容であり、各都道府県でも規制が強化されているのです。
昨今はSNSが利用されていることを踏まえても、拡散されることのメリットもあれば、内容次第では炎上してしまうようなデメリットもあるため、掲載する内容についてはしっかりと精査しなければなりません。
最近では動画や音声を利用できる「デジタルサイネージ」という広告手法もあり、屋外広告は新たなステージに発展したといえるでしょう。

2.屋外広告が「アート」として認識される意義