Topics

HomeNews Topics > Cityscape™

アーカイブ

横浜市事業公募を通じて、 スマートデジタル地図情報パネル(CIP*)整備事業の優先実施候補者に選定

 
 
 

エムシードゥコー、横浜市事業公募を通じて、
スマートデジタル地図情報パネル(CIP*)整備事業の優先実施候補者に選定

 
 
 

パリ、2017年12月14日 – 世界ナンバーワンの屋外広告会社ジェーシードゥコー(ユーロネクストパリ: DEC)は、本日日本現地法人エムシードゥコー(85%ジェーシードゥコー、15%三菱商事)が、日本で二番目に大きい都市である横浜市(人口 370万人以上)の事業公募を通じて、横浜市の中心部に設置されるデジタル広告付きCIP250基の再整備事業の優先実施候補者として選定されました。

 

20年となる事業期間も含め、横浜市とエムシードゥコーの契約が締結できるよう提案内容に基づき、調整を進めていきます。今後、2018年3月までに契約を締結、設置を2018年内にスタート、そして2019年ラグビーワールドカップ™までの完了を目標とします。

 

エムシードゥコーの提案では、2平米サイズのCIP250基のデザイン、設置、およびメンテナンスを行います。すべてのCIPにUSB充電器と案内地図面が備わり、最大130基の公衆無線LAN機能(エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社とのパートナーシップにより)が搭載されます。これらの機能はすべて、当社グループのCSD戦略(企業の持続可能な発展についての戦略)に基づいています。

 

また、主要な地点においては86インチの高画像デジタルスクリーンを設置し、通常は広告を、災害時には横浜市からの緊急情報を即時発信することに使用できます。

 

この新しい契約がなされると、現在エムシードゥコーが販売している広告ネットワークであるシティスケープ®の、メディアカバレッジと接触頻度を増やし、メディアバリューをさらに高めることに貢献します。また、デジタル広告により、柔軟な広告掲出の機会を広告主に提供します。

 

経験と革新力を持つエムシードゥコーとのパートナーシップは、2019年ラグビーワールドカップ™と2020年オリンピック/パラリンピックで一部の競技を主催する横浜市の活動に貢献できると考えています。パブリック・プライベート・パートナーシップ(PPP)を採用することにより、都市景観を高め、市民と観光客に新しい革新的なサービスを提供し、世界のスマートシティをリードする都市のひとつとなるでしょう。

 

エムシードゥコーは現在、全国41都市(日本のトップ20都市を含む)、および約160のショッピングセンターで、2平米サイズの広告面を約7,800面展開しています。世界で三番目に大きい広告マーケットである日本において、他に類を見ないメディアとして、エムシードゥコーは広告主にサービスを提供し、ストリートファニチャ広告の第一人者としてのポジションをより強化していきます。

 

(*CIP = シティ・インフォメーション・パネル)

 
 
 

ジャンシャルル ドゥコー ジェーシードゥコー共同最高経営責任者

 

“2004年、横浜市は、事業公募を通じて、B-Stop®(広告付きバス停上屋)事業を開始した日本で最初の都市でした。そして横浜市はまた、事業規模という点において、デジタル広告を含む、CIP事業を開始する日本で最初の都市となります。横浜市が先駆者となり、この都市に負担のないユニークなビジネスモデルを採用し、エムシードゥコーを優先実施候補者として選定したことに最大限の敬意を表します。

 

私たちは18年前に日本で事業を開始しました。長い期間をかけて自立的成長を遂げ、昨年は東京都交通局とのパートナーシップを獲得しましたが、この度のシティスケープ®のデジタル化とCIP事業は、エムシードゥコーにとって新しいマイルストーンとなります。インパクトと柔軟性をもったサービスを提供することにより、エムシードゥコーの全国ネットワークはより強化され、そしてさらに今後は、全国12,000面を目標に拡大を続けていきます。プレミアムなロケーションにおける広い広告カバレッジを提供することで、広告主のブランドコミュニケーション戦略のニーズと、都市の期待に応えていきます”

 
 
 

ジェーシードゥコー 概要

 


- 2016年売上高:33億9百万ユーロ、2017年前期売上高:16億4百万ユーロ
- パリEURONEXT EUROLIST上場企業で、EURONEXT 100及びEuronext Family Business indexesの1社
- FTSE4Good及びDow Jones Sustainability Europe indexesの1社
- ストリートファニチャ 世界第1位 (559,070広告パネル)
- 交通広告 世界第1位、220以上の空港、260以上の地下鉄、バス、トラム、電鉄(354,680広告パネル)
- ビルボード広告 ヨーロッパ第1位 (169,860広告パネル)
- 屋外広告 ヨーロッパ第1位 (721,130広告パネル)
- 屋外広告 アジア太平洋第1位 (219,310広告パネル)
- 屋外広告 ラテンアメリカ第1位 (70,680広告パネル)
- 屋外広告 アフリカ第1位 (29,820広告パネル)
- 屋外広告 中東第1位(16,230広告パネル)
- サイクルシェアリング事業リーダー: 環境にやさしい交通のパイオニア
- 世界75カ国以上に1,117,890広告パネル
- 人口1万人以上の、4,280都市で事業実施
- 1日あたり当社媒体視聴者数:4億1千万人
- 従業員数 13,030名

 
 
 

【本リリースに関するお問い合わせ先】
 
 

ジャンコーム ランフランキ
Jean-Come Lanfranchi
(03) 5217 2519
jean-come.lanfranchi@mcdecaux.co.jp

 

猪爪 勇斗 /事業開発部
Yuto Inotsume / City Relations
(03) 5217 2514
y.inotsume@mcdecaux.co.jp

 
 
 


東京都が所有する広告付きバス停留所の運用事業者に選定される

 
 
 

 
 
 

パリ、2017年-世界ナンバーワンの屋外広告会社ジェーシードゥコー(ユーロネクストパリ: DEC)は、本日日本現地法人エムシードゥコー(85%ジェーシードゥコー、15%三菱商事)が事業公募を通じて、東京都交通局が所有する広告付きバス停留所の広告販売及び媒体管理の独占運用事業者に選定されたと発表しました。

 

この契約は、東京都交通局が現在所有する97基と今後東京2020オリンピック・パラリンピックにむけ増設される100基を含むものです。これまでこの広告付きストリートファニチャの広告販売は、エムシードゥコーも2016年4月に指定された東京都交通局指定広告代理店の各社によって行われていました。

 

東京ではすでに、2016年末までに東京都交通局、東急バス株式会社、株式会社フジエクスプレスらとデザインから設置運営維持管理までを含む400基以上の広告付きバス停留所の契約を締結しており、東京都中心部におけるプレミアムロケーションの追加はエムシードゥコーのポートフォリオをさらに拡張します。

 

広告付きバス停留所は、公道上において0.3㎡以上の広告スペースの添加が認められている特別な広告媒体であり、この契約によってエムシードゥコーは、今後23区全域をカバーする1,500基の増設計画を含め、東京都下におけるほぼ全ての広告付きバス停留所の独占的な広告販売権を得たことになります。

 

上位20都市を含む国内41都市にすでに設置された4,300基のパネルに加え、3,000基以上の2m²広告パネルの増設を東京で計画しており、世界第3位の広告市場をもつ日本においてストリートファニチャ広告第1位の地位を強固なものとしながら、エムシードゥコーは他に類をみない広告媒体を広告主に提供します。

 

 

 

ジャンシャルル ドゥコー
ジェーシードゥコー共同最高経営責任者 取締役会議長

 

東京都交通局に対して広告付きバス停留所のデザイン、設置、維持管理を提供するという非常に重要な契約締結からわずか数ヶ月という短い期間の後に、再度我々に大きな信頼を寄せ、交通局が所有する広告付きバス停留所の広告販売・媒体管理をお任せいただけること大変嬉しく思います。この契約により、東京において特別なサービスを広告主に提供することができ、また、全国12,000基への拡大を目指すエムシードゥコーのネットワークを強化させることが可能です。プレミアムなロケーションにおけるより広い広告カバレッジを提供することができるようになり、広告主のブランドコミュニケーション戦略のニーズにお答えすることにつながります。

 

日本での会社設立から18年が経ちましたが、2003年までは公道での屋外広告は制限されていました。国内での有機的な成長を通して私たちの存在を少しずつ拡大し、ひとつずつ契約を勝ち取ってきました。ジェーシードゥコーグループが前進し続ける開拓者精神、パートナーの三菱商事株式会社、社員、そして以前より私たちを信頼してくださった顧客の皆様に敬意を表します。2003年の岡山市、2004年の横浜市以来、私たちの有機成長率、グループとしての強み、そしてわれわれのビジネスモデルが、日本におけるストリートファニチャのリーダー的存在になることを可能にしました。最大の利益を市民、広告主、そしてブランドにもたらすよう、東京や大手交通会社を含む全国最大都市のパートナーとなることを大変光栄に思います。

 

世界第1位の屋外広告会社として、世界の最大都市、パリ、ロンドン、ベルリン、ニューヨーク、そして東京に存在することを誇りに思います。1964年にジャンクロード ドゥコー氏が考案し、10,000人以上の人口の2,160都市に存在するストリートファニチャ広告コンセプトの有効性の証です。

 

 

 

ジェーシードゥコー概要

 

- 2015年売上高:32億8百万ユーロ、2016年前期売上高:16億17百万ユーロ
- パリEURONEXT EUROLIST上場企業で、EURONEXT 100 indexの1社
- FTSE4Good indexの1社
- ストリートファニチャ世界第1位 (524,580 広告パネル)
- 交通広告 世界第1位、230 以上の空港、280 の地下鉄、バス、トラム、電鉄(395,770 広告パネル) 
- ビルボード広告 ヨーロッパ第1位 (177,760 広告パネル)
- 屋外広告 ヨーロッパ第1位 (731,390 広告パネル)
- 屋外広告 アジア太平洋第1位 (236,760 広告パネル)
- 屋外広告 ラテンアメリカ第1位 (62,860 広告パネル)
- 屋外広告 アフリカ第1位 (32,840 広告パネル)
- 屋外広告 中東第1位(16,280 広告パネル)
- サイクルシェアリング世界第1位:環境にやさしい交通のパイオニア
- 世界75カ国以上に 1,129,410 広告パネル
- 人口1万人以上の都市、4,435 の都市で事業実施
- 1日あたり当社媒体視聴者数:3億9千万人
- 従業員数 12,850名
 
 
 
Communications Department: Agathe Albertini
+33 (0) 1 30 79 34 99
agathe.albertini@jcdecaux.com
 
Investor Relations: Arnaud Courtial
+33 (0) 1 30 79 79 93
arnaud.courtial@jcdecaux.com


東急バス及びフジエクスプレスと東京都内における広告付バス停上屋整備20年契約を締結

パリ、2016年9月 ― 世界ナンバーワンの屋外広告会社ジェーシードゥコー株式会社(パリEURONEXT:DEC)は本日、日本現地法人のエムシードゥコー株式会社(85%ジェーシードゥコー、15%三菱商事(株))が東急バス株式会社及び株式会社フジエクスプレスと広告付バス停留所上屋の20年契約を締結したことを発表しました。この契約により、東京を中心に、横浜、川崎を含めた地域で、広告付バス停留所上屋のデザイン、設置及び維持管理を実施していきます。具体的な地域の一例として、渋谷、目黒、品川、また表参道や東京タワーを有する港区など、東京の中心地に広告ネットワークを広げることが可能になります。

 

エムシードゥコーによって設置されるストリートファニチャは、洗練されたデザインにより都市景観の向上をもたらし、様々な機能によりバス利用者の利便性を高めることができます。また、2020年オリンピック・パラリンピック競技大会を見据えて増えることが想定される国内外からの訪問客にとっても、快適な観光を楽しむ一役を担うことができるでしょう。

 

このたびの契約締結により、エムシードゥコーは東京都内において、大手民営バス会社11社のうち10社と契約を結ぶことになります。先の6月29日に東京都交通局と締結した契約により、400基を超える広告付バス停留所上屋の設置を計画しておりますが、それに加えてさらに、600基以上の広告付バス停留所上屋を設置する実現性が高まりました。

 

世界の屋外広告市場において第三位の規模を誇る日本で、エムシードゥコーは、広告付きストリートファニチャのマーケットをリードしています。そして、この2社との新しいパートナーシップにより、その地位はより強固なものとなるでしょう。現在、トップ20都市を含む全国40都市に渡り、約4,000基のパネルを稼動しております。今後は、東京において2,000基以上の広告パネル(片面約2平方メートル)を広告主に提供しうる、他に類をみない存在になります。

 

ジャンシャルル ドゥコー ジェーシードゥコー社取締役会長 共同最高経営責任者:
東京都交通局と契約を締結してからたったの数週間で、広告付バス停留所上屋の整備維持管理に関し、東急バス株式会社及び株式会社フジエクスプレスがエムシードゥコーに対し信頼をお寄せいただけたことをとても喜ばしく思います。これらの契約は、エムシードゥコーの国内ネットワークを強化できることのみならず、東京都民の皆様に、より充実したサービスのご提供を可能します。また広告主や代理店の皆様におかれましては、エムシードゥコーのもつ最高のロケーションと広範囲なカバレッジを通して、ブランドメッセージを幅広く伝えられるより良い機会を提供していきます。広告主そして彼らのブランドの利益、そして住民の利益の最大化のために、国内の主要都市及び主要交通事業者の信頼を得ることができ、大変嬉しく思います。

 

 

 

ジェーシードゥコー 概要

 

2015年売上高:32億8百万ユーロ
パリEURONEXT EUROLIST上場企業で、EURONEXT 100 indexの1社
FTSE4Good indexの1社

 

<ストリートファニチャ>
世界第1位(524,580 広告パネル)

 

<交通広告>
世界第1位、230以上の空港、280の地下鉄、バス、トラム、電鉄(395,770 広告パネル)

 

<ビルボード広告>
ヨーロッパ第1位(177,760 広告パネル)

 

<屋外広告>
ヨーロッパ第1位(731,390 広告パネル)
アジア太平洋第1位(236,760 広告パネル)
ラテンアメリカ第1位(62,860 広告パネル)
アフリカ第1位 (32,840 広告パネル)
中東第1位(16,280 広告パネル)

 

<サイクルシェアリング>
世界第1位:環境にやさしい交通のパイオニア
世界75カ国以上に 1,129,410 広告パネル
人口1万人以上の都市、4,435の都市で事業実施

 

<1日あたり当社媒体視聴者数>
3億9千万人

 

<従業員数>
12,850名

 

 

 


エムシードゥコー株式会社 概要

 

2000年ジェーシードゥコー社と三菱商事の合弁会社として設立

 

資本金:4億6千万円
本社 :東京都千代田区神田錦町3-23
    その他事業拠点 名古屋、大阪、福岡、富山

 

<B-Stop(R)事業>
2003年事業開始、現在全国40都市に約2,000基の上屋を設置

 

<モールスケープ(R)事業>
2000年事業開始、国内流通2社(7&Iグループ、イオングループ)をカバー

 

<シクロシティ(R)事業>
2010年事業開始、日本初となる本格事業を開始

 

<スマートパネル事業>
2010年事業開始、富山市、鹿児島市、名古屋市
 

 

 

 

【本リリースに関するお問い合わせ先】

 

エムシードゥコー株式会社
 
代表取締役社長
ジャンコーム ランフランキ
Jean-Come Lanfranchi
 
TEL : (03) 5217 2519
jean-come.lanfranchi@mcdecaux.co.jp

 
 

事業開発部 (City Relations)
担当: 猪爪 勇斗
Yuto Inotsume
 
TEL : (03) 5217 2514


東京都交通局と広告付きバス停上屋整備の15年契約を締結

パリ、2016年7月12日発―ジェーシードゥコー株式会社(パリEURONEXT上場、世界第1位の屋外広告事業者)は、本日、日本現地法人のエムシードゥコー株式会社(資本構成、ジェーシードゥコー85%、三菱商事(株)15%)(以下、MCD)が、東京都交通局(以下、交通局)が実施した事業公募を通じて当局より指名を受け、最低15年の事業契約を成約したと発表した。

 

この契約は、広告付きバス停上屋に関するデザイン、製造設置、運営維持管理、広告販売営業を含む包括的なもので、国内最大の契約となる。2020年オリンピック・パラリンピック競技大会までに、2㎡の広告パネルをもつバス停上屋を少なくとも400基、広告800面以上を設置する計画である。
東京都内には、すでに約100基の広告付きバス停上屋が交通局によって設置運営されており、MCDを含む複数の広告代理店に広告販売営業権が与えられている。

 

交通局は、国内でのMCDの事業実績に基づき、広告付きバス停上屋の整備にPPP方式(官民連携、パブリック・プライベート・パートナーシップ)の採用を決定し、街の景観向上と都民へのサービス向上のため、モダンで省エネルギーな広告付きバス停上屋を整備することに踏み切ったものである。広告付きバス停上屋には、東京都及び関連機関との協議調整のうえで、USB充電器、夜間内照式情報表示(バス停名称、時刻表)、UVカットガラスなどの新たな機能が搭載され、視覚障がい者のための誘導用ブロックや音声ガイドも敷設される。また、合計150基には、無料Wi-Fiや32インチのデジタルタッチスクリーンも設置される予定。当初は運行情報用だが、交通局の要望に応じて、地図やその他の情報を掲出することも可能である。

 

MCDは、7,000面にのぼる2㎡広告面のネットワーク構築によって、国内のストリートファニチャ広告市場をリードしており、上位20都市を含む国内41都市を結ぶ唯一の全国屋外広告ネットワークによって、世界第3位の広告市場を有する日本において、重要な位置を占めている。横浜市、大阪市、名古屋市、神戸市、川崎市、仙台市、京都市においては公営交通局等と、東京都、広島市、福岡市、北九州市、岡山市、札幌市においては、民間バス事業者等と、それぞれ20年から30年にわたる広告付きバス停上屋整備事業契約(ストリートファニチャ契約)を締結している。

 

ジャンシャルル ドゥコー ジェーシードゥコー社取締役会長 共同最高経営責任者:
日本での第一歩から17年、2003年まで公共空間での広告掲出が原則禁止されていたこの国で、1つ1つ契約を積み重ね、事業展開による有機的成長を辛抱強く成し遂げた。ジェーシードゥコーチームのパイオニア精神に祝辞を贈るとともに、我々のパートナーである三菱商事、わが社の社員、我々に信頼を寄せてくださった初期のお客様たちに御礼を申し上げる。2003年の岡山市、2004年の横浜市の契約からはじまり、日本国内41都市にまで事業を拡大した。この度、東京都交通局が、広告収入を原資とする有益なPPP方式を採用しただけでなく、わが社をそのパートナーとして選択してくださったことを大変誇らしく思います。この契約は、我々の比類なき専門性が認められた証であり、また、東京が、新世代のバス停を誇りとし、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を見据え、より明るく親しみやすく、そしてよりスマートな都市となるよう、最上級のサービスを長期に渡って享受することを意味している。住民、広告主、そして彼らのブランドのために、契約更新したパリ市や、新規契約を獲得したロンドン市、ニューヨーク市に加え、1,300万人以上の人口をもつ巨大都市、東京を我々のリストに加えることができることを大変喜ばしく思う。

 

 

 

ジェーシードゥコー 概要

 

- 2015年売上高:32億8百万ユーロ
- パリEURONEXT EUROLIST上場企業で、EURONEXT 100 indexの1社
- FSTE4Good indexの1社
- ストリートファニチャ 世界第1位 (524,580 広告パネル)
- 交通広告 世界第1位、230以上の空港、280の地下鉄、バス、トラム、電鉄 (395,770 広告パネル) 
- ビルボード広告 ヨーロッパ第1位 (771,760広告パネル)
- 屋外広告 ヨーロッパ第1位 (731,390 広告パネル)
- 屋外広告 アジア太平洋第1位 (236,760 広告パネル)
- 屋外広告 ラテンアメリカ第1位 (62,860 広告パネル)
- 屋外広告 アフリカ第1位 (32,840 広告パネル)
- 屋外広告 中東第a位 (16,280 広告パネル)
- サイクルシェアリング 世界第1位:環境にやさしい交通のパイオニア
- 世界75カ国以上に 1,129,410 広告パネル
- 人口1万人以上の都市、4,435 の都市で事業実施
- 1日あたり当社媒体視聴者数:3億9千万人
- 従業員数:12,850 名

 

ジャンコーム ランフランキ
Jean-Come Lanfranchi
(03) 5217 2519
jean-come.lanfranchi@mcdecaux.co.jp

 

猪爪 勇斗 /事業開発部
Yuto Inotsume /City Relations
(03) 5217 2514
y.inotsume@mcdecaux.co.jp


東京都交通局と15年間のB-Stop®契約を締結

2016年9月、エムシードゥコー株式会社は東急バス株式会社及び株式会社フジエクスプレスと広告付バス停留所上屋の20年契約を締結しました。この契約により、東京を中心に、渋谷、目黒、品川、また表参道や東京タワーを有する港区など、東京の中心地に広告ネットワークを広げることが可能になります。
 
 
このたびの契約締結により、エムシードゥコーは東京都内において、大手民営バス会社11社のうち10社と契約を結ぶことになります。先の6月29日に東京都交通局と締結した契約により、400基を超える広告付バス停留所上屋の設置を計画しておりますが、それに加えてさらに、600基以上の広告付バス停留所上屋を設置する実現性が高まりました。
 
 
世界の屋外広告市場において第三位の規模を誇る日本で、エムシードゥコーは、広告付きストリートファニチャのマーケットをリードしています。そして、この2社との新しいパートナーシップにより、その地位はより強固なものとなるでしょう。現在、トップ20都市を含む全国40都市に渡り、約4,000基のパネルを稼動しております。今後は、東京において2,000面 以上の広告パネル(片面約2平方メートル)を提供することで、圧倒的なカバレッジが獲得できる価値あるメディアを、広告主の皆様に提供していきます。
 
 
 

 
港区で30箇所以上の設置を計画している候補エリア(仮)
 
 


シティスケープ®に都営バス停広告が加わりました


 
 

 
 

 
 

 
 
 
2016年4月より、エムシードゥコーは、都営交通広告メディアを取り扱う東京都交通局指定広告代理店になりました。シティスケープ®に都営バス広告付バス停留所の広告ネットワークが加わることで、より大きなカバレッジとフリークエンシー効果を得ることができます。料金等の詳細につきましては弊社担当セールスまでお問い合わせください。
 
 
 

 
 
 


飲料TVCMとのクロスメディアで購入効果+856%!

インターネット調査で明らかになるシティースケープ®の媒体価値

 
 
 

 
 
 

2016年3月、仙台市、名古屋市、広島市、福岡市で行ったシティスケープ®の調査で、
TVCMとシティスケープ®を同時に実施した場合、商品購入率が+856%にもなることが
わかりました。 このことから、購入への決め手としてのシティスケープ®の際立った効果が
確認できます。TV出稿費用3,000万円(MCD推定)、
シティスケープ出稿費用1,940万円(定価)
 
 
●調査概要
 
・プロダクト お茶系飲料 
・出稿面数 仙台 43面、名古屋 95面、広島 45面、福岡 86面(各都市2ネット)
・調査手法 インターネット調査
 
 
 


2015年年末~2016年 新規B-Stop® 続々設置

2015年年末より2016年3月にかけて、東京、大阪、京都を初めとする主要都市で新規B-Stop®が続々設置されました。 今回の新規設置によって、シティスケープ®は更に生活者に密着したパワフルなコミュニケーションチャネルとなりました。
 
 
 
●東京 新規設置
 
新規設置面:62面 
設置箇所:新国立劇場、参宮橋、しながわ水族館前、大森神社、葛飾シンフォニーヒルズ等
写真:呉服橋

 
 


 

 
 

●大阪 新規設置
 
新規設置面:46面 
設置箇所:総合医療センター、都島橋、桜の宮橋等 
写真:田蓑橋

 
 

 
 
 

●京都 新規設置
 
新規設置面:30面 
設置箇所:七条大宮、京都水族館前、四条河原町、妙心寺前等

 
 
 


仙台市で開催された国連防災世界会議において 「総合防災案内パネル(スマートパネル)」を展示

エムシードゥコー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ジャンコーム・ランフランキ、以下、エムシードゥコー)と株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大塚浩司、以下 Wi2)は、仙台市で開催された第3回国連防災世界会議において総合防災案内パネル(スマートパネル)の展示を行うとともに、同パネル設置箇所にてFree Wi-Fiの提供をし、設置期間中多くのお客さまにご利用いただきました。
 
 
 
詳しくはこちら→仙台市スマートパネル展示
 
 
 
本件についてのお問い合わせは
 
連絡先 エムシードゥコー株式会社  担当:橋本 t.hashimoto@mcdecaux.co.jp
 
 
 


鹿児島市と国内初となる契約事業期間20年間の CIP 契約を獲得

2015年2月 フランス パリ :世界第一位の屋外広告会社であるジェーシードゥコー SA (ユーロネクストパリ: DEC)は、本日、日本における子会社であるエムシードゥコー株式会社(株式保有率:ジェーシードゥコー85%、三菱商事15%)が、鹿児島市と国内初となるCIP(市政情報パネル)設置の契約を獲得したと発表した。今回事業公募を経てこの事業契約を締結することとなった。

詳細はこちら→鹿児島CIP契約獲得

本件についてのお問い合わせは

連絡先(日本) エムシードゥコー株式会社  担当:遠藤 t.endo@mcdecaux.co.jp


東京および主要都市中心部に新規B-Stop®大規模設置

 
 
 

年末にかけて全国主要都市でB-Stop®の大幅な新規設置を予定しておりますが、先日東京都中央区のコミュニティバス「江戸バス」のB-Stop®の新規設置が完了いたしました。エムシードゥコーでは東京都心に数多く走るコミュニティバスに、2015年以降さらに積極的な新規設置を進める予定です。 この増設によってシティスケープ®は全国3712面となります。

 
 
 


真夏、日本コカ・コーラ様、シティスケープ®に「コカ・コーラ」ご掲出


 
 
 
2014年7月28日~8月10日まで日本コカ・コーラ様より全国のシティスケープ®へご掲出頂きました。多くの人で賑わう各都市の中心部を爽快感のあるコカ・コーラの広告クリエイティブが飾るインパクトのある掲出となりました。
 
 
 
●日本コカ・コーラ様「コカ・コーラ」
 

掲出都市:シティスケープ® 全国
掲出面数:236面
掲出期間:2014年7月28日~8月10日

 
 
 


JR博多シティ様、「アミュウルトラリニューアル」広告で福岡広告協会賞・大賞受賞!

2014年2月24日~3月9日、福岡市シティスケープ®に掲出されたJR博多シティ様の
「アミュウルトラリニューアル」の広告クリエイティブが第53回福岡広告協会賞の大賞を受賞されました。

ウルトラの母と怪獣たちをモデルに起用したクリエイティブは掲出された弊社シティスケープ®B-Stopでも注目を浴びていました。

アミュウルトラリニューアル

©円谷プロ

その他のクリエイティブは福岡広告協会賞のサイトでご確認ください→http://www.fukuoka-ad.org/


街頭にグンゼのショーケース現る!


 
 
 
2014年5月19日(月)から、大阪の中心地である梅田とミナミのB-Stopにグンゼのショーケースが掲出されています。実際の「YG」をハンガーに掛けて展示することで「YG」の特長である絶妙なフィット感と柔らかさが伝わる展示となりました。
多くのビジネスマンや観光客で賑わう都市中心部に掲出されておりますので、足を止めて見入る人々も見受けられました。
こちらは6月1日(日)まで掲出されておりますのでお近くにお寄りの際はぜひ実物の展示をご覧ください。
 
 
 
●グンゼ様「YG」
 
掲出都市:大阪
掲出B-Stop:大阪桜橋(梅田)・心斎橋(ミナミ)
掲出期間:2014年5月19日(月)~2014年6月1日(日)
 
 
 


若者へのリーチ獲得にシティスケープ®


 
 
 
2014年4月、大塚食品様よりシティスケープ®の全国主要都市にご出稿頂きました。新規設置の東京・早稲田大学中野国際コミュニティプラザを始め「MATCH」のターゲット層である若者にリーチする主要都市の中央部に印象的なクリエイティブが掲出されました。
 
 
 
●大塚食品様「MATCH」
 
掲出都市:札幌・東京・名古屋・大阪・東大阪・堺・吹田・福岡
掲出面数:208面
掲出期間:2014年4月21日(月)~2014年5月4日(日)
 
 
 


東京、京都、大阪、仙台、富山でバスシェルター新規設置


 
 
 
3月、東京、京都、大阪、仙台、富山で新規設置が進みました。
 
 
 
●新規設置
 
仙台…晩翠草堂前、吉成一丁目北、吉成一丁目
東京…東京駅、高円寺
富山…赤江町、環水公園入口、東田地方、奥田新町
京都…植物園前、府立大学前、高野、西大路七条、西大路御池、百万遍
大阪…市立大学病院前

 
 
 


牛乳石鹸、京都シティスケープ®でイノベイトを実施

 
 
 
2014年3月、京都シティスケープ®の四条烏丸に牛乳石鹸共進社様のイノベイトパネルを掲出しました。
スケルトンのガラスケース内に牛乳石鹸のパッケージ箱とむき身の石鹸を並べる斬新な展示は、四条烏丸を訪れる多くの人々の注目を集めていました。
 
 
 
●牛乳石鹸共進社様
 
掲出都市:京都
掲出面数:2面
掲出期間:2014年3月24日(月)~2014年4月6日(日)
 
 
 


AICHI SAFETY ACTION、昼夜で変わるクリエイティブで注意喚起


 
 
 

2013年12月、愛知県の交通事故を減らすためのプロジェクト「AICHI SAFETY ACTION」(主催=同事務局〈朝日新聞社、中 日新聞社、中部経済新聞社、日本経済新聞社、毎日新聞社、読売新聞社、CBCラジオ、東海ラジオ、エフエム愛知、ZIP-FM 〉 特別協賛=サントリー、UR都市機構 協賛=51社・団体)よりシティスケープ®に出稿頂きました。 シティスケープ®では昼と夜で広告クリエイティブが変化するイノベイト を実施し、歩行者・ドライバーへ注意喚起を促しました。 AICHI SAFETY ACTIONでのバスシェルターの掲出事例は こちらで紹介されています。
 
 
 
●AICHI SAFETY ACTION様
 
掲出都市:名古屋
掲出面数:51面
掲出期間:2013年12月2日(月)~2013面12月15日(日)

 
 
 


シティスケープ®新規バスシェルター、続々設置!

2013年の年末から年明けにかけて、東京、大阪、京都、神戸、仙台、広島など全国主要都市でシティスケープ®バスシェルターが47ヶ所新設されました。今回の設置分を加えるとシティスケープ®の広告パネルは、全国で3364面となり、全国の広告パネルの前を通過する通行者数は2週間で延べ6億5千万人以上(*交通センサスより計算) に達します。

 
 
 

●東京
浅草雷門、新宿御苑等、10ヶ所増設。

 
 
 

東京 浅草雷門

 
 
 

東京 新宿御苑

 
 
 

【その他新規設置箇所】
秋葉原駅、東京駅、お花茶屋、東芝前、栄町一丁目、新町一丁目、さくら保育園

 
 
 
 
 
 

●仙台、大阪、京都
仙台ではメインストリートの青葉通りに初設置、大阪では11基、京都16基と特に大規模な追加が行われました。

 
 
 

仙台 晩翠草堂前

 
 
 

大阪 桜橋

 
 
 

京都 熊野神社前 西行西詰

 
 
 

【その他新規設置箇所】

大阪…南森町 東行、東天満 東行、蒲生四丁目 北行等
京都…丸太町御前通 東行、丸太町御前通 西行、府庁前 東行、丸太町京阪前 東行、下総町 南行 、高野橋 東詰 、飛鳥井町北行 、九条駅前西行 、大石橋東行 東詰 、四条大宮東行 東詰 、九条河原町 西行 等

 
 
 
 
 
 

●神戸、広島
神戸は三宮のマルイ前にスクロールするパネルを4基設置、広島では平和大通りに8基の設置が進みました。

 
 
 

神戸 三宮センター街東口

 
 
 

広島 緑大橋西詰東行

 
 
 

【その他新規設置箇所】
広島…鶴見橋東行、河原町東行、緑大橋西詰西行等

 
 
 


第20回アジア都市デザイン学会において福岡市B-stopが、景観研究賞を受賞致しました。

2013年11月22日に倉敷市にて開催されました第20回アジア都市デザイン学会において、福岡市のB-stopが「地図付きバスシェルター」の名前で景観研究賞を受賞致しました。


新規設置情報

●モールスケープに新店舗追加!
千葉県鎌ケ谷市の「ショッピングプラザ鎌ケ谷」にモールスケープ®を設置しました。モールスケープ®設置店は、全国で164店舗となりました。

 
 
 

 
 
 

●東京都千代田区、横須賀、豊橋、大阪、広島、福岡にて、B-stop新規設置完了

東京都千代田区第一号のB-Stopが、JR秋原場駅前に設置されました。広島市の象徴的な場所である平和大通りにB-stopが設置されました。福岡ではJR博多駅前に12mの大型のB-stopが3つ設置完了いたしました。その他、大阪、横須賀、豊橋にもB-stopが新規設置されました。

 
 
 

東京 秋葉原駅前

 
 
 

広島 平和大通り

 
 
 

福岡 博多駅前

 
 
 


渋谷に新規バス停設置!

9月、渋谷センター街の西武百貨店、宇田川町のZARA前に神南一丁目のバス停が新規設置されました。これにより弊社媒体の渋谷駅周辺バス停は渋谷マークシティ前と合わせて3箇所となりました。

 
 
 

神南一丁目

 
 
 

西武百貨店前

 
 
 


東京、仙台、大阪、京都、堺で新規設置


 
 
 
4~6月の新規設置バス停
 
【東京】東京駅(1)八重洲側.つつじヶ丘駅北口、多磨霊園駅、京王プレッソイン新宿前、西参道
【仙台】地下鉄台原駅(1)、地下鉄台原駅(2)、地下鉄台原駅(3)
【京都】熊野神社前(北行)、京大正門前(北行)、百万遍(北行)、西大路八条(北行)、西大路駅前(北行)、京都市役所前(東行)、府立医大病院前(南行)
【大阪・堺】あべの橋(西行 近鉄バス)、堺東駅前

 
 
 


Campaign Of The Month

 
 
 

新規ディーラー「Audi京都」開店キャンペーン

2013年3月のディーラー店舗の新規オープンにあたり、アウディジャパン様はシティスケープにて告知キャンペーンを展開しました。 京都らしさを演出した竹林や春の季節を感じさせる桜のビジュアルが歩行者やドライバーから注目を集めました。

 
 
 


 
 
 
掲出地域:京都
掲出面数:23面
掲出期間:2013年2月25日(月)~2013年3月10日(日)
 
【代理店の担当者様より】
「アウディジャパン株式会社様にとって、今回、シティスケープは初の掲出でした。 掲出中に行われた特別内覧会にはオーナーの方だけを招待しておりましたが、現場からは「シティスケープを見て店に訪れる方がいた」 との報告もあったようです。店舗への誘因につながるシティスケープの媒体特性を体現する嬉しい声でした。 このキャンペーンを機に、今後もシティスケープの活用を提案していきます。」
 
 
 


東京、大阪、京都、主要都市にシティスケープ増設!

■東京 新規設置
 

 
 
 
■大阪・京都 新規設置
 

 
 
 

2012年は東京都、大阪市、京都市に100面以上、横浜市、川崎市、名古屋市などで、シティスケープ®を増設いたしました。
 

東京では上野、初台、渋谷の他、12月に東京の新名所のスカイツリー前に。大阪ではメインストリートの御堂筋にある淀屋橋周辺、京都では二条駅前、河原町周辺に増設。
 

今後も、主要都市のプレミアムロケーションに設置を進めております。進化する屋外広告媒体、シティスケープ®を今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 


渋谷駅前にシティスケープ登場!

 
 
 

 
 
 
屋外広告のメッカ、渋谷にいよいよシティスケープが登場しました。
 

渋谷駅にはJR、東急、東京メトロの7路線が乗り入れ、ハチ公口前のスクランブル交差点は1日あたり50万人が横断すると推計されています。今回シティスケープが設置されたロケーションはスクランブル交差点から程近い「マークシティ渋谷」前。設置地点の歩行者数は1日あたり約10万人に達し、加えて広告面を見下ろすマークシティのエスカレーターも1日あたり約10万人が利用しています。
 

池袋を皮切りに鉄道ターミナル駅前を中心に設置を進めてきたシティスケープ。7月には渋谷区内の山手通り沿いに6面が増設され、29ヶ所58面と着実にそのネットワークを拡充してきました。今後も都心部のプレミアムロケーションでの設置を進めていきます。東京の新たなコミュニケーションチャネル、シティスケープをぜひご活用ください。
 
 
 


横浜シティスケープの媒体力を6ヶ月間にわたり測定

・2週間で横浜居住者の半数に到達
・平均8.3回の高い接触回数
・広告掲出後に商品購入者が増加

 
 
 
エムシードゥコーでは昨年の7月~12月の間、横浜市在住の男女を対象に隔週でインターネットによる媒体接触状況調査を行いました。
 
 
 

 
 
 
シティスケープの掲出期間である2週間の単位で見ると、横浜市内居住者の49.7%に到達、通勤通学で頻繁に目にする層に加え、買物等で時々目にする層が存在し接触回数(フリクエンシー)は平均8.3回となっています。
 
 
 

 
 
 
また、半年の間に複数回出稿のあったビール系ブランドについて、広告掲出と購入経験の変化の関係を調べたところ、広告掲出後に購入経験が高まる傾向があり、販売を後押しするシティスケープの媒体力が立証されました。
 
 
 


がんばろう仙台!


 
 
 
エムシードゥコーは駐日フランス大使の仙台来訪にあわせ、仙台市内のシティスケープでの復興支援ポスターを掲出に協力しました。
 
仙台市役所を訪れたフランス大使からは東北3県でのルーブル美術館展示品の巡回展示の申し出等もあり、同タイミングで街中に掲出されたフランスからの応援メッセージは東北を勇気付けると共に、日仏の友好関係を改めて感じさせるシティスケープならではの企画となりました。
 
なおエムシードゥコーは復興のためのインフラ整備支援の一環として、2012年に仙台市内に20基のバスシェルターを設置する予定です。

 
 
 


日本初!福岡市B-Stop®でWi-Fiサービス開始

2012年4月23日から、福岡市内の広告付きバス停留所(バステラス)に「ソフトバンクWi-Fiスポット」を導入します。

PDFデータ


大阪府堺市にてシティースケープ®が開始いたしました。

12月16日より大阪府堺市でシティスケープの運用を開始しました。人口84万人の政令指定都市、堺市は大阪第2の都市であり、日本で15番目の人口規模を持つ商業都市でもあります。初登場の今回は市内で最も賑やかな堺東駅北口、市役所前と高島屋前に計14面を設置。

堺市を加え、シティスケープのネットワークは日本の20大都市を全て含む39都市となりました。


堺市にシティスケープが新登場


 
 
 

日本の20大都市をネットワーク!

 

12月16日より大阪府堺市でシティスケープの運用を開始しました。人口84万人の政令指定都市、堺市は大阪第2の都市であり、日本で15番目の人口規模を持つ商業都市でもあります。初登場の今回は市内で最も賑やかな堺東駅北口、市役所前と高島屋前に計14面を設置。
 

堺市を加え、シティスケープのネットワークは日本の20大都市を全て含む39都市となりました。今後とも、皆様のマーケティング活動にシティスケープの活用をぜひ検討ください。
 
 
 


子育てママにもシティスケープ!

・専業主婦が多く車利用の多い子育てママ
・市内全域をカバーすることで子育てママの54.4%に到達
・8.4回の高いフリクエンシーを獲得

 
 
 
今回は11月に行った最新の日用品カテゴリーでのインターネット調査の結果をご紹介します。調査からは子育て中の女性層に対するシティスケープの媒体力が明らかになりました。
 

調査では札幌、名古屋、広島の各市に住む、小学生以下の子供を持つ女性100名を対象に、まず就業状況、普段の移動手段を聞きました。その結果、対象者の64.8%が家庭外で仕事を持たない専業主婦であり、移動の際の交通手段としては主に車を使用している、という回答が得られました。
 
 
 

 
 
 

 
 
 
次にシティスケープとの接触状況を聞いたところ、対象者の54.4%が最近2週間の間にシティスケープを「見た」、「見たような気がする」と回答。2週間に平均で4.4日接触し、フリクエンシーは8.4回となりました。これは特定スポットだけでなく広く市内全域をカバーするロケーションと、車利用者からも視認されるシティスケープの優位性によるものと考えられます。
 
 
 

育児中、自宅周辺を車移動する子育てママへの情報伝達に、シティスケープをぜひご活用ください。
 
 
 


今月のBestキャンペーン Cityscape®:エールフランス航空

・ブランドの「空気」も伝える販売促進広告事例

 
 
 

 
 
 

 
 
 

エールフランス航空様は関西空港-パリ線のエコノミークラスの座席増に合わせ、関西地区のシティスケープを使ったキャンペーンを実施しました。 飛行機型のシンプルなキービジュアルに、スイーツを並べたエコノミークラス、女性の寛ぐイラストのプレミアムエコノミークラス、そして落ち葉で秋のヨーロッパ旅行と、それぞれの訴求ポイントと価格を表現。 フランス企業らしいシンプルなビジュアルは街での視認性も高く、ブランディングと販売促進を両立したユニークなキャンペーンとなりました。

 
 
 
実施都市:近畿8都市
掲出面数:138面
掲出期間:2011年9月26日~2011年10月23日

 
 
 


東京都葛飾区(亀有駅前)にてシティスケープ®がスタートしました。


東京都中野区(中野坂上駅前)にてシティスケープ®がスタートしました。


東京都大田区(大森駅東口)にてシティスケープ®がスタートしました。


東京都品川区(大井町駅前)にてシティスケープ®がスタートしました。


第5回西宮市都市景観賞「まちなみ発見クラブ賞」を受賞しました。


東京都豊島区(池袋駅前)にてシティスケープ®がスタートしました。

 

東京 池袋駅前にてシティスケープ®がスタートしました。


第12回ひろしま街づくりデザイン賞「サイン・アート部門」を受賞しました。


京都市にてシティスケープ®がスタートしました。

 

京都市にてシティスケープ®がスタートしました。


熊本市にてシティスケープ®がスタートしました。

熊本市にてシティスケープが開始します。


吹田市にてシティスケープ®がスタートしました。

吹田市にてシティスケープが開始します。


第5回北九州市都市景観賞「屋外広告デザイン部門」を受賞しました。

第5回北九州市都市景観賞「屋外広告デザイン部門」を受賞しました。


千葉市にてシティスケープ®がスタートしました。

千葉市にてシティスケープが開始します。


さいたま市にてシティスケープ®がスタートしました。

さいたま市にてシティスケープ®がスタートしました。


相模原市にてシティスケープ®がスタートしました。

相模原市にてシティスケープが開始します。


横須賀市にてシティスケープ®がスタートしました。

横須賀市にてシティスケープが開始します。


川崎市にてシティスケープ®がスタートしました。

川崎市にてシティスケープが開始します。


藤沢市にてシティスケープ®がスタートしました。

藤沢市にてシティスケープが開始します。


長野市にてシティスケープ®がスタートしました。

長野市にてシティスケープが開始します。


東大阪市にてシティスケープ®がスタートしました。

東大阪市にてシティスケープが開始します。


豊橋市にてシティスケープ®がスタートしました。

豊橋市にてシティスケープが開始します。


New Balanceの「ショーケース」を実施しました。

New Balanceが横浜市のシティスケープにて日本初の「ショーケース」を実施しました。

PDFデータ


高松市にてシティスケープ®がスタートしました。

高松市にてシティスケープが開始します。


倉敷市にてシティスケープ®がスタートしました。

倉敷市にてシティスケープが開始します。


長崎市にてシティスケープ®がスタートしました。

長崎市にてシティスケープが開始します。


大分市にてシティスケープ®をスタートしました。

大分市にてシティスケープを開始します。


函館市にてシティスケープ®がスタートしました。

函館市にてシティスケープが開始します。


岐阜市にてシティスケープを開始します。

岐阜市にてシティスケープを開始します。


仙台市にてシティスケープ®がスタートしました。

仙台市にてシティスケープが開始します。


旭川市にてシティスケープ®がスタートしました。

旭川市にてシティスケープが開始します。


北九州市にてシティスケープ®がスタートしました。

北九州市にてシティスケープが開始します。


福山市にてシティスケープ®がスタートしました。

福山市にてシティスケープが開始します。


大阪市にてシティスケープ®がスタートしました。

大阪市にてシティスケープが開始します。


西宮市にてシティスケープ®をスタートしました。

西宮市にてシティスケープを開始します。


富山市にてシティスケープ®がスタートしました。

富山市にてシティスケープが開始します。


札幌市にてシティスケープ®がスタートしました。

札幌市にてシティスケープが開始します。


浜松市にてシティスケープ®をスタートしました。

浜松市にてシティスケープを開始します。


新潟市にてシティスケープ®がスタートしました。

新潟市にてシティスケープが開始します。


和歌山市にてシティスケープ®がスタートしました。

和歌山市にてシティスケープが開始します。


静岡市にてシティスケープ®がスタートしました。

静岡市にてシティスケープが開始します。


福岡市にてシティスケープ®がスタートしました。

福岡市にてシティスケープを開始します。


広島市にシティスケープ®がスタートしました。

広島市にシティスケープが開始します。


神戸市にてシティスケープ®がスタートしました。

神戸市にてシティスケープが開始します。


名古屋市にてシティスケープ®がスタートしました。

名古屋市にてシティスケープ®がスタートしました。

PDFデータ


神戸市の広告付きバス停留所上屋整備の事業者に選ばれました。

神戸市の広告付きバス停留所上屋(シティスケープ®)整備の事業者に選ばれました。

神戸市交通局のプレスリリース資料をご覧下さい。

PDFデータ


名古屋市交通局と「市営バス停留所広告付き上屋整備事業契約」を調印

2005年6月名古屋市交通局と広告パネル付きバスシェルター(シティスケープ®)整備に関する事業契約を結びました。

PDFデータ