エムシードゥコー、横浜市事業公募を通じて、
スマートデジタル地図情報パネル(CIP*)整備事業の優先実施候補者に選定

 
 
 

パリ、2017年12月14日 – 世界ナンバーワンの屋外広告会社ジェーシードゥコー(ユーロネクストパリ: DEC)は、本日日本現地法人エムシードゥコー(85%ジェーシードゥコー、15%三菱商事)が、日本で二番目に大きい都市である横浜市(人口 370万人以上)の事業公募を通じて、横浜市の中心部に設置されるデジタル広告付きCIP250基の再整備事業の優先実施候補者として選定されました。

 

20年となる事業期間も含め、横浜市とエムシードゥコーの契約が締結できるよう提案内容に基づき、調整を進めていきます。今後、2018年3月までに契約を締結、設置を2018年内にスタート、そして2019年ラグビーワールドカップ™までの完了を目標とします。

 

エムシードゥコーの提案では、2平米サイズのCIP250基のデザイン、設置、およびメンテナンスを行います。すべてのCIPにUSB充電器と案内地図面が備わり、最大130基の公衆無線LAN機能(エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社とのパートナーシップにより)が搭載されます。これらの機能はすべて、当社グループのCSD戦略(企業の持続可能な発展についての戦略)に基づいています。

 

また、主要な地点においては86インチの高画像デジタルスクリーンを設置し、通常は広告を、災害時には横浜市からの緊急情報を即時発信することに使用できます。

 

この新しい契約がなされると、現在エムシードゥコーが販売している広告ネットワークであるシティスケープ®の、メディアカバレッジと接触頻度を増やし、メディアバリューをさらに高めることに貢献します。また、デジタル広告により、柔軟な広告掲出の機会を広告主に提供します。

 

経験と革新力を持つエムシードゥコーとのパートナーシップは、2019年ラグビーワールドカップ™と2020年オリンピック/パラリンピックで一部の競技を主催する横浜市の活動に貢献できると考えています。パブリック・プライベート・パートナーシップ(PPP)を採用することにより、都市景観を高め、市民と観光客に新しい革新的なサービスを提供し、世界のスマートシティをリードする都市のひとつとなるでしょう。

 

エムシードゥコーは現在、全国41都市(日本のトップ20都市を含む)、および約160のショッピングセンターで、2平米サイズの広告面を約7,800面展開しています。世界で三番目に大きい広告マーケットである日本において、他に類を見ないメディアとして、エムシードゥコーは広告主にサービスを提供し、ストリートファニチャ広告の第一人者としてのポジションをより強化していきます。

 

(*CIP = シティ・インフォメーション・パネル)

 
 
 

ジャンシャルル ドゥコー ジェーシードゥコー共同最高経営責任者

 

“2004年、横浜市は、事業公募を通じて、B-Stop®(広告付きバス停上屋)事業を開始した日本で最初の都市でした。そして横浜市はまた、事業規模という点において、デジタル広告を含む、CIP事業を開始する日本で最初の都市となります。横浜市が先駆者となり、この都市に負担のないユニークなビジネスモデルを採用し、エムシードゥコーを優先実施候補者として選定したことに最大限の敬意を表します。

 

私たちは18年前に日本で事業を開始しました。長い期間をかけて自立的成長を遂げ、昨年は東京都交通局とのパートナーシップを獲得しましたが、この度のシティスケープ®のデジタル化とCIP事業は、エムシードゥコーにとって新しいマイルストーンとなります。インパクトと柔軟性をもったサービスを提供することにより、エムシードゥコーの全国ネットワークはより強化され、そしてさらに今後は、全国12,000面を目標に拡大を続けていきます。プレミアムなロケーションにおける広い広告カバレッジを提供することで、広告主のブランドコミュニケーション戦略のニーズと、都市の期待に応えていきます”

 
 
 

ジェーシードゥコー 概要

 


- 2016年売上高:33億9百万ユーロ、2017年前期売上高:16億4百万ユーロ
- パリEURONEXT EUROLIST上場企業で、EURONEXT 100及びEuronext Family Business indexesの1社
- FTSE4Good及びDow Jones Sustainability Europe indexesの1社
- ストリートファニチャ 世界第1位 (559,070広告パネル)
- 交通広告 世界第1位、220以上の空港、260以上の地下鉄、バス、トラム、電鉄(354,680広告パネル)
- ビルボード広告 ヨーロッパ第1位 (169,860広告パネル)
- 屋外広告 ヨーロッパ第1位 (721,130広告パネル)
- 屋外広告 アジア太平洋第1位 (219,310広告パネル)
- 屋外広告 ラテンアメリカ第1位 (70,680広告パネル)
- 屋外広告 アフリカ第1位 (29,820広告パネル)
- 屋外広告 中東第1位(16,230広告パネル)
- サイクルシェアリング事業リーダー: 環境にやさしい交通のパイオニア
- 世界75カ国以上に1,117,890広告パネル
- 人口1万人以上の、4,280都市で事業実施
- 1日あたり当社媒体視聴者数:4億1千万人
- 従業員数 13,030名

 
 
 

【本リリースに関するお問い合わせ先】
 
 

ジャンコーム ランフランキ
Jean-Come Lanfranchi
(03) 5217 2519
jean-come.lanfranchi@mcdecaux.co.jp

 

猪爪 勇斗 /事業開発部
Yuto Inotsume / City Relations
(03) 5217 2514
y.inotsume@mcdecaux.co.jp